懸垂幕は広告効果がおすすめ 懸垂幕で役立つ情報を書きました。

イベントなどで、場を盛り上げたいときに必要なのがのぼりだ。

2014年3月17日 / by admin

考えてみるといろいろなところにのぼりは利用されている。お買い得セールやお店のイベント期間、常設のモノなど、、至る所でのぼりを見る機会は非常に多い。会社や商店の前などはもちろん、選挙の時などでも同じ色ののぼりが活躍している。道端に同じ色ののぼりが連なっていると、それだけで、気分は盛り上がると言えるだろう。そののぼりが目印と言うことも結構ある。イベント愛情の入り口周辺はもちろん、会場の中にも多くののぼりが立てられ、注目を集めている。レンタルショップの前にも多くののぼりが並べられていて、人の目を集めている。

特定のショップが、立てている幟は、色やデザインが統一だれているので、他の場所に建てられていても、あそこののぼりだ、お店が近くにあるのかな?と思わせてくれる。のぼりでいつもの気になるのは、ほとんどののぼりに裏表が無いことだ。どうして印刷されているのかいつも不思議に思ってしまう。もちろん、片面だけののぼりもあるが、どちらかと言えば少数派で、両面同じように見えるのが主流になっている。棹を含めて、1枚700円から1000円前後で売られているが、下手な看板より、よほどのぼりの方が注目を集めるのでは無いだろうか。また、一本だけがぽつんと立っているだけでは何か分からないが、ある程度の本数がまとまれば、どんなイベントが行われているかの予想はほとんど出来るような気がする。不動産会社が、土地や建物の販売を行うときなどにも必ずその物件の前にはのぼりが上げられる。そののぼりを見ただけで、売り家なのか、新築物件なのかの判断が出来る場合が多い。規制のモノからオーダーのモノまで、数多くののぼりが存在する。また、相撲興行でも、数多くののぼりが立てられ、巡業を盛り上げている。

それ以外では芝居小屋などでも多くののぼりが立てられていて、集客効果を高めている。のぼりは、まとまって立てることで、周辺の雰囲気を一変し、イベントや催し物のイメージを一気に高める重要なアイテムだと言えるだろう。子供の頃の思い出としては、神社などでお祭りの時に立てられた幟が印象に残っている。今でも、お祭りの時などで、夜店ののぼりなどを見ると、非常に懐かしい気持ちがよみがえる。普段はそれほど気にもとめないが、恐らくほとんどの人が心のどこかに、のぼりの思い出が刻まれているはずだ。それほど、日本人にとっては、DNAの中に古くから存在しているモノのように思う。